ヨガでストレッチ

ボディメイク担当にひきづられて、今回もカラダのお話。

 

事務のお仕事、特に事務サービス課はパソコン作業や書類に細かい文字を書き込む、といった業務が多く、

カラダを前に丸めて作業することが多く、肩こりになりがちです。

朝・昼には体操をしていますが、1日の終わりにはカチカチです。

 

そんな日はヨガのポーズで肩甲骨周りのストレッチ。

真珠貝のポーズは骨盤を矯正する効果もあるといわれていて、気持ちよく肩甲骨周りを伸ばせます。

何よりも、カラダの硬い私でも、それなりにできて効果を感じられるところがお気に入りです。

両足の裏をくっつけ、足全体でひし形を作るようにすわり、すねの間に手のひらを上にして腕を通してできあがり。

おへそを覗き込むように腰を後ろにひけば、肩甲骨がぐいっと伸びます。

 

上半身と下半身、パタンと折れる様子が貝のようだから、こんな名前がついたのでしょうね。

ヨガのポーズの名前は見た目ではっきりわかるものと、なんでこんな名前?と思うものもあります。

ストレッチでもおなじみの両腕をあげて手を組みわき腹をのばすポーズは三日月のポーズ。うん、なるほど。

座って足を組み腕を背中で組むポーズが牛の顔のポーズ・・・ど、どのあたりが??

(このポーズは文で説明が難しいので、興味のある方はネット検索してください。これも肩こりと骨盤によいといわれてます。)

 

きちんとポーズがとれているかはわかりませんが、からだによいことしてる感がいいです。

はりきりすぎると筋肉痛になったり筋を痛めるので、あくまでゆるゆるリフレッシュする程度で。

なので、ヨガをやってもカラダはやわらかくなりません。簡単にやわらかくなる方法どなたか教えてください!

 

すのうちゃいるど