体脂肪豆知識

初めまして。

突然ですが私の趣味(もはや日常生活)であるボディメイクに関して書いてみたいと思います。

ボディメイクとはおおざっぱに言うと、日々のトレーニングで筋肉に刺激を与え、食事管理をすることによって

筋肉に材料となるエサを与えたり、体脂肪量をコントロールしたりすることで身体作りをすることです。

そして、今は暖かくなってきて体脂肪を落としやすい時期なので、4月3日から減量生活に入ってます。
主にトレーニングと徹底した食事管理で落としていくのですが、一番大事なことは完璧な計画を立てることです。
それらに関して書き始めると長くなりすぎてしまうのでひとまず置いといて、
今日は体脂肪に関する豆知識を紹介したいと思います。

1、体脂肪の体積は?
体脂肪1kgあたりの体積は、おおよそ1ℓの牛乳パックと同じぐらいといわれています。
つまり体脂肪が3kg増えたら、身体に牛乳パック3個くっつけたのと同じです!
恐ろしいですね。
当たり前ですが、逆に体脂肪が3kg落としたら牛乳パック3個分身体が細くなります!
(体脂肪3kg減≠体重3kg減)

2、体脂肪1kgあたりのカロリーは?
まず脂質が有するカロリーは1gあたり9kcalです。
つまり1kgあたり9000kcalです。
そして体脂肪の20%は水分でできているので、体脂肪1kgあたりのカロリーは7200kcalということになります。
よって体脂肪1kg落とすには、7200kcal減らせばいいのです。
一か月で3kg落としたい場合には21600kcalアンダーを出せばいいので、一日辺り720kcal減らせばよいということです!
大変ですね!

3、体脂肪が燃焼したらどこにいくの?
実際に食べる量を減らしたり運動をしたりすると、活動のエネルギー源として体脂肪が使われ燃焼します。
さて、燃焼された体脂肪はどうなるのでしょう。
体脂肪は燃焼されると最終的に水と二酸化炭素に変化します。
では、果たしてその水と二酸化炭素はどこから排出されるのでしょう。
最近の研究の結果、体脂肪が燃焼された際に発生する水と二酸化炭素は、

なんと口から排出されていることがわかったのです!
あなたが呼吸をする際の呼気に含まれる水分と二酸化炭素の一部はもともと体脂肪だったものなのです!
驚きですね。


以上、福利厚生G ボディメイク担当でした。